お部屋のインテリアのワンポイントとして活躍するラグマット

Rug

ラグと同じ色相の家具での部屋のおしゃれ

ラグと同じ色相で異なるトーンで部屋のコーディネートを行う場合は、家具とソファは同系色で暗さが違う色を選ぶのがポイントになります。とはいえ、基本的にはラグと類似色での部屋のコーディネートと似ているので、似た色同士での部屋のおしゃれとなります。その影響により、ラグとは反対色相の家具やソファを選ぶよりもおしゃれしやすいです。また、澄んだ青とくすんだ青や、淡い緑と灰みのある緑というように、基本的に同じ色相の色同士の組み合わせとなります。
よって、部屋のコーディネートに失敗しにくいのが、同じ色相でかつ異なるトーンでの部屋のおしゃれのメリットになります。とはいえ、個性を強調しにくいですが変わった色をインテリアとして試みたい人にはお勧めとなっています。ちなみに、ラグと家具を緑にすれば優しい雰囲気を放つ部屋に変えることができます。そして、鮮やかな青のラグと暗めのソファや家具を組み合わせることにより、部屋を広く見せることができます。
他にも、青の組み合わせは収縮色でもあるので、窮屈感を感じさせない部屋にしてくれます。また、同じ色相で異なるトーンは茶色でも問題ないので、黒のラグを敷くより上手い具合に部屋をコーディネートできます。同じ色相で異なるトーンによる部屋のコーディネートは、敷くラグと似た色でのおしゃれになるので、簡単に部屋の個性を出すことが可能となります。

TOP